自分も部下も成果が上がる
SHITSUMON CALENDER
『課長もんカレ』

自分も部下も成果が上がる
SHITSUMON CALENDER
『課長もんカレ』

押すか引くか
迷う課長

押すか引くか
迷う課長

 
課長になると何かと大変ですよね。。
 
課長になるまでは
自分の仕事に全力で取り組めて、
 
後輩に仕事を教える時も身近な目線で
話ができて、
仕事が終われば互いにグチも言えて
 
自分にできる範囲で全力投球している
実感があった。
 

 
でも、課長になると
部下育成の成果は
今までより結果が重視される。
 
その分、部下への目線も
チェックが多くなりがちで
会話がぎこちなくなったり、
 
社内の事情が少し分かるだけに
部下と一緒に上司へのグチを
言ってるわけにもいかないし。。

会話が手探りになって
距離を測っているような感じに
なってしまいます。
 
初めて部下を持つ管理者、
マネージャー、役職者の人も
同じ思いではないでしょうか。
  

課長が悩むのには
わけがある

✓ 部下がなかなか仕事を覚えない
✓ 部下のミスを自分がフォローしている
✓ 部下に時間を使って自分の仕事が進まない
✓ 褒めたら褒めたで部下の気がゆるむ
✓ 部下の体調をどうサポートしたらいいか
わからない
✓ 上司が私の部下に直接指示するのが困る

悩ましい場面を挙げたら
キリがないですよね。
 

課長が悩むのには
わけがある

 
実は、
それらをきっかけに
あることが減っていくのが
悩みの最大の原因です。

それは・・ 

 

『できる前提』の
会話

話しにくいから会話が減る。
会話が減るから話しにくい。
 
その前に、
『できる前提で』
会話をしているかどうかが
分かれ道。

細かく言えば
『できるようになっていく前提』。

疑いの目で「あの件やった?」
と言うよりも、
フラットな目で
「あの件やってみてどうだった?」
と聞くと、
 
部下はトライしたことと
至らなかったことを話して、
次へのステップを見つけられます。
 

とはいえ、待ちの姿勢でいるのは
課長としては苦しいです。

そこで『課長もんカレ』が
役立ちます。

自分が部下一人ひとりへ期待している
動き方を見える化してみましょう。

経験に応じた期待値である
必要があります。
たとえばこのように。

『できる前提』の
会話
(参考:課長もんカレ P.2)

一日ひとつの視点

そして、人づきあいは
いくつもの要素が組み合わさって
できているので、

毎日少しずつ違う角度から
見てみましょう。

たとえば毎月1日は
『部下の今朝の挨拶は元気だったかな?』
と自問自答して
答えをサラッとメモしておきます。

( サラッとがコツ。
その方が続けやすいです。)

4月1日と5月1日が
並んで見られるようになっています。
 

一日ひとつの視点:質問
(参考:課長もんカレ P.5)

 
毎月2日は
『労働時間の把握は、
社員の健康を維持するために
もっとも重要です。』
という格言を意識します。

一日ひとつの視点:伝言
(参考:課長もんカレ P.6)

 
このように
視点が31日分あります。

1か月の間に部下を31個の視点で
順繰りに目を向けていくと、
 
あなたの部下を見る目が
変わりますよ。

実は、同時に
上司を見る目も変わります。

人と接するあなたの姿勢が
磨かれるからです。
 

望む課長像に
近づけたら

もしもあなたが望む課長像に
近づけたら、
一年後はどうなりそうですか?
 
✓ 自分の時間を持てる
✓ 家族が安心して暮らせる
✓ 部下のやる気が出る
✓ チームワークがよくなる
✓ 課の業績が上がる
✓ 上司からの評価が上がる
  

あなたが望む
課長像に
近づけたら


 
その未来に向かって、
 
スキルは
会社から教わっていることを
存分に活かしましょう。

心構えは
課長もんカレで
日々たがやしていきましょう。

一人でやるのもよいですし
 
・課長仲間とやる
・上司とやる
・家族とやる
・社外のビジネス仲間とやる

など、身近な人と1冊ずつ持ち合って
1日1回言葉を交わすのもお勧めです。
 


課長もんカレを使った研修や
個別サポートのご相談は
下記メンバー連絡先へ直接お知らせください。
 

しつもん経営研究会
しつもん制作メンバー

橋本 隆(はしもと たかし)

橋本 隆(はしもと たかし)
社会保険労務士
カウンセリングとコーチングによる
円滑な人間関係の構築支援が専門
 

山岡 洋秋(やまおか ひろあき)

山岡 洋秋(やまおか ひろあき)
特定社会保険労務士
大企業と中小企業の勤務経験から
「将棋で人事労務」を伝える
健康経営エキスパートアドバイザー
 

今井 正美(いまい まさみ)

今井 正美(いまい まさみ)
社会保険労務士・行政書士
労務人事管理業務と
廃棄物処理業の許認可業務
の専門家
 

羽鳥 智雄(はとり ともお)

羽鳥 智雄(はとり ともお)
特定社会保険労務士
40年超の実績の社労士法人にて
人事労務管理業務から
コンサルティングの隅々まで対応
 

増山 隆司(ますやま たかし)

増山 隆司(ますやま たかし)
特定社会保険労務士
銀行系関係会社の
相談業務経験を基礎に、
令和元年、65歳で
増山人事労務相談事務所を開業
 

三ッ國 全代(みつくに まさよ)

三ッ國 全代(みつくに まさよ)
特定社会保険労務士・行政書士
拠点は鳥取と東京
実務と心理の両面から、
労務管理、キャリアカウンセリング、
年金手続、各種助成金申請をサポート
 

塚野 明子(つかの あきこ)

塚野 明子(つかの あきこ)
社会保険労務士・行政書士
西東京市地元密着の
人事労務の専門家
身近な街の法律家
 

C.H.
社会保険労務士
金融機関系企業の
営業企画部門に勤務
 

M.T.
社会保険労務士
金融機関系企業の
人材開発部門に勤務
 

自分も部下も成果が上がる
SHITSUMON CALENDER
『課長もんカレ』




仕様:ホチキス中綴じ型(40ページ)
   縦17cmx横7.5cm
代金:1冊 550円(税込)
送料:1~10冊250円
 
企画:しつもん経営研究会
  (東京都社会保険労務士会
   自主研究グループ)
制作:株式会社YCDI
 

MENU